2014年12月31日

色んなことがあった一年&プレゼント

今年も残すところ後一日となりました。
振り返ると嬉しかった事、楽しかった事、悲しかった事、辛かった事など色々あった一年でした。
嬉しかったのはパパが健在の時から会いに行こうと思ってたyukoさんあゆみらちゃんに会えたことです。
5年越しの願いがやっと叶ってパパも気になってたと思うから喜んでくれたでしょうね。
楽しかったのはyukoさんを通じてたくさんの新しいワンコ友達とお知り合いになれたことです。
これもレオルネがいてくれたからこそですね。
レオちゃんルネちゃん、ありがとう〜
悲しかったのはお友達のワンコがお空に旅立ったことです。
いつかは来る別れと分かってても悲しくて辛いですよね。
そして辛かったのは1年前にレオの病気がわかり年末年始も三日置きぐらいに病院へ行き、段々と良くなってきてたのが7月に大量の嘔吐が何度かあってその後何にも食べなくなったことです。
食いしん坊のレオが食べないなんて、今だから言えるけどもう駄目かもしれないと思ったこともありました。
よく食べる子が食べなくなると要注意だと聞いたことがあるからね。
でもレオは見事に復活してくれて、秋頃からほとんど吐き気もなく今はすっかり落ち着いてます。
この状態がいつまで続くのか不安ですが、レオの生命力を信じたいと思います。
もう一つ辛かったのは母が病気になったことです。
あんなに元気だった母が一時は別人のようになってましたからね。
今は少しずつ元気になってきてるけど、これ以上の回復は難しい様だから現状維持出来たら良しとしないとね。

先日ミルキーママさんからルネのお誕生日プレゼントが届きました。
大変遅くなって申し訳ないと謝ってくださいましたが、その頃ママさんはとっても大変だったことを知ってるから「今年はプレゼントはいいですよ」ってお断りしてたのです。
でもずっと気にしてくれてたみたいでした。
頂いたプレゼントはレオルネお揃いのお洋服ですが、裏起毛になっててとっても暖かい素材なんです。
お留守番させることが多いので、寒いので早速着させていただいてます。
14.1230.1.jpg


まずは後姿を、レオは呼んでも聞こえないからルネだけ振り向いてくれました。

14.1230.2.jpg


正面もレオはなかなかカメラ目線してくれませんが、うまうまがないと駄目なのね。
14.1230.3.jpg

ミルキーママさん、ありがとうございました。


母が病気になり後半は中々更新も出来なくて、お友達のところへもたまに読み逃げだけでコメントも残せず申し訳ありません。
来年も母のことがあるからきっと大変な一年になると思ってます。
お友達の皆さん、今年もレオルネを可愛がっていただきありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいね。


下レオルネにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

ニックネーム レオママ at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

レオルネとクリスマス

いつも良い子でお留守番してくれるレオルネにママからのクリスマスプレゼントはケーキです。
2ワン共食いしん坊だからうまうまが一番嬉しいよね〜
忙しくて作る時間がなかったからこれだけは忘れないようにと予約してました。

ケーキを前に嬉しそうなレオルネ犬(笑)犬(笑)

14.1224.1.jpg


次の瞬間またルネがフライングでクリームを舐めちゃいました〜
「待て」と言っても聞く耳持たずです。

14.1224.2.jpg


うまうま写真はママが一人で食べさせながら撮ったのでこれが精一杯ですね。

14.1224.3.jpg


食べ終わった後、何度もペロペロするので連写したらレオルネ一緒のは撮れなかったけど美味しいお顔も撮れました。
14.1224.4.jpg

24日に半分食べて残りは今日食べました。
ママも味見をしたら甘みは少ないけど、思ったより美味しかったです。

レオの病名が分かって今日でちょうど1年目です。
昨年の25日はとっても辛い日だったけど、レオと一緒にこうして元気にクリスマスを迎えられたことがう嬉しいです。
レオちゃん、来年もママやルネちゃんと一緒にクリスマスケーキ食べようね。


下レオルネにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
ニックネーム レオママ at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

レオルネ病院Day

今日は日本中猛寒波になると言われてた通り冷たい風が吹いて凄く寒かったです。
前日は最高気温が12度あったのに一気に3度に下がり最低気温も1度になったから寒さが身に沁みます。
お昼過ぎに一瞬でしたがレオルネ地方にも雪が降りました。
北海道や東北の雪国と比べたら大したことありませんが、18日も雪マークがついててもっと寒くなるみたいです。

息子がお休みだというので17日にレオルネを病院へ連れて行ってもらおうと予定してたから寒くても行って来ました。
車だから駐車場まで抱っこで特にルネは寒がりだからハーフケットに包んで行きましたよ。
こんな日は空いてるかなと思ったのにけっこう混んでてたまたま院長先生を希望される方が多くてまだ時間がかかりそうだったので他の先生に診ていただきました。
レオの体調が悪ければ院長先生にお願いするんだけど、ここ数カ月は落ち着いてるからね。

まずは看護士さんに順番に体重を量ってもらってレオルネの健康状態を伝えました。
レオの体重は4.3kgで先月よりまた100g減ってましたが、たまに吐き気はあるけど吐くことはないし食欲もあってよく食べてるのに高齢だから仕方ないのかな〜
ルネはここのところずっと2.9kgで増減がないけど、せめて3`台に増えて欲しいのよね。
14.1217.1.jpg


レオはじっとしてるのが嫌だから先生が来られるまで診察室の中をひとりでウロウロしてました。
14.1217.2.jpg


順番に診察してもらって今回レオルネ共あんよや脇の辺りをよく舐めるので赤くなってたのです。
特にルネのカイカイが酷くて寒くなってきて落ち着くと思ってたのに今年はなかなか良くなりません。
14.1217.3.jpg

レオはいつもの制吐剤とカイカイお薬、ルネは抗生剤とカイカイのお薬を出していただきました。

14.1217.4.jpg

診察が終わるとおやつが貰えると思って可愛いお顔をしてくれたのだけど、おやつを持ってくるのを忘れちゃったのよ。
これを楽しみにしてたのにゴメンね〜


下レオルネにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
ニックネーム レオママ at 00:59| Comment(4) | TrackBack(0) | トリミング&病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

母の病状その後

レオルネは元気なのですが、母の病院へほとんど毎日通ってるので忙しくてブログも放置状態でした。
母が入院してもう3カ月以上経ちました。
9月の初め体調が悪くなったから近くの病院へ行こうとして途中に倒れて救急車で病院へ運ばれたのですが、当初の診断では熱中症による脱水症状を起こしてるということでした。
最初は何にも食べられなかったのが1ヶ月近くたったら食べられる様にもなり元気になってきたのですが、検査をしたら胃ガンになってることがわかり手術をしてもらうことになってたのです。
がしかし前にも書きましたが、手術の前日に転んで大腿骨を骨折してしまいました。
実はパーキンソン病になってることが今回の入院でわかってこれが原因で転んだのだと思うのです。
病名は聞いたことがあるけど詳しくは知らないので先生に聞いたり自分で調べてもみました。
最初の症状として出るのが震えなんですよね。
母の話だとトイレに行こうとしたときか帰って来たときか忘れたけど、その時に転んだということは覚えてるけどどうして転んだのかは記憶にないみたいです。
でもその時に急に震えが出て立っていられないくなったのだと思います。
先生も多分そうだと言ってましたからね。
左側によろけて転んだみたいで左のおでこも紫色になって痛々しかったです。
もうろうとした中で幻覚が見えるみたいで訳の分からないことばかり言ってママのこともわかってないみたいでこのままこの状態が続いたらどうしようかと不安でいっぱいでしたが、次の日には少し落ち着いてママのこともわかってくれてホッとしました。
高齢だから早くしないと固まってしまって歩けなくなるかもしれないからその次の日に手術をしていただきましたが、ここからがまた大変でした。

手術の翌日から理学療法士の先生が病室まで来てくれて足を動かしてその次の日には車いすに乗る練習も始まったけど、痛がってる母を見てるのは辛かったですね。
2週間ほどで両手すりをもってゆっくりだけど少しだけ歩けるようになってたのにその後時々微熱が出て足踏み状態が続いてました。
食事も手術の次の日のお昼から出たのですが、下血がありその原因が何なのかわからないから次の日からストップされて点滴だけの生活が1ヶ月以上も続いたのです。
その間40度の高熱が何日も続きパーキンソン病も進行してるのか両手の震えも止まらなくて幻覚が見えるみたいでうわ言ばかり行ってました。
入院して毎日診てもらってるのに下血や高熱の原因が分からないってどういうことなのか妹とも話して一時はセカンドオピニオンも考えてたのですが、この時の母を動かすことすら出来なかったから我慢するしかなかったのです。
高熱が出てる時はぐったりしてしんどそうで何も喋らなかったから見てるのも可哀そうでたまりませんでした。
しばらくすると38度ぐらいまでに下がったけど、これでもまだ高いから検査をすることも出来ず月日だけが過ぎていったのです。

高熱があるときはリハビリにも行けなかったけど、毎日先生が病室まで来てくれて固まらないように足だけは動かしてくれてました。
その後も微熱は続いてたのですが、ようやく落ち着いてきたのが11月の半ばごろでした。
やっと検査もできるようになりCTと胃カメラの検査結果では腫瘍の大きさも変化なく進行もしてないと聞いて、もう痛い辛い思いをさせるのは可哀そうだからこのまま手術しないほうがいいよねと妹と話してたのです。
でもその数日後の朝、病院からレントゲンを撮ったら胃に穴が開いてるから手術しないと一生何も食べられなくてこのまま弱っていくのを待つだけになると連絡をもらってするなら早い方が良いから承諾いただけたら今から準備して今日しますと言われてビックリしました。
妹にも連絡してすぐ病院へ向かい先生に詳しい話を聞いてこのままの状態で一生を終わらせるのは可哀そうなので先生を信じてお願いしました。
予定時刻を過ぎても終わらないから凄く心配でしたが、先生から悪いとこは全部取り除き胃を三分の二摘出したと知らせれ、ICCUにいる母を見に行ったときちゃんと麻酔からも覚めてホッとして涙が出ました。
その後の回復は順調で2週間後に抜糸して、まだ5分がゆで柔らかい物を少しずつしか食べられませんが最近はほとんど完食で食欲があるのは嬉しいことです。
でもその反面パーキンソン病による痴呆が出て来てるのでご飯を食べたばかりなのに「ご飯まだ?」って言ったりするので困ったものです。
母はママ以上に痩せてるから食べさせてあげたいのだけど、胃が小さくなってるからそうすると吐いたりお腹が痛くなるから駄目なのよね。

リハビリも順調で歩行器を使って少し歩けるようになってます。
ずっと寝てたから仕方ないけど立つことも怖くて出来なかったのが、何がきっかけなのか先生にも分からないそうですがある日急にすっと立つことが出来たのです。
嬉しい事なんですがこの病気は波があるからまた歩けなくなるかも知れないことを頭に置いといてくださいと言われました。
このまま順調に回復してくれることを望んでますが、入院してから色んなことが起こりまた何か起こるんじゃないかと不安もいっぱいあります。
胃の方はとりあえず大丈夫みたいですが、パーキンソン病は進行性の病気で治ることはないから今はこっちの方が心配です。

今日はマンションの大掃除だったから終わってから病院へ行こうかとも思ったのですが、妹が行ってくれるというから久しぶりにレオルネとのんびり過ごしてました。
でも寒いからお散歩もご近所しか行ってないのよ。
いつもは1ワンずつするシャンプーも今日はレオルネ続けてしました。
レオは益々ドライヤーが嫌いになってちっともじっとしてくれないから時間ばかりかかって一人でするのは大変です。
まだトップの毛を結ばせてくれるから良いけど、これ以上嫌がったら可哀そうだから少しでも早く乾かすためにトップも短くした方がいいのかなと思ってます。
身体は短くしてもここだけは本当は切りたくないんだけどね。
14.1214.1.jpg

14.1214.2.jpg


シャンプー後のレオルネ、レオはカメラ目線なかなかしてくれませんが2ワンともすっきりして綺麗になりました。
14.1214.3.jpg

レオちゃんルネちゃん、毎日お留守番してくれてありがとう〜
レオちゃんが元気だからママは安心して出かけられるのよ。


下レオルネにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村


ニックネーム レオママ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

すっきり可愛くなったよ

3日はルネのトリミングでしたが、予約した時は息子がお休みの予定だったのが急きょ仕事になったので別の日に変更してもらおうかと思ったのですが、12月だからこちらの希望する日が空いてない可能性が高いからバスで行って来ましたバス
雨だと連れて行くのも大変だけど、寒かったけどお天気は良かったからね。
それにルネはスリング大好きだからバスの中でもとってもお利口でした。
ママは2往復したから疲れちゃったけど、ルネもトリミングは疲れるもんね。

帰りはバスを降りるとトリミングしてもらって少し短くなって寒かったのか、スリングにお顔を埋めてお寝んねしてました。
でも写真を撮ってたら音に気付いてお顔を出してきてうっすらお目目を開けましたがまだ眠そうね〜
14.1203.1.jpg


お家へ帰って可愛く綺麗にしてもらったので撮影会ですが、疲れててもルネはちゃんとモデルさんしてくれますよ。
ボサ子ちゃんだったのが、すっきり綺麗にしていただきました。
さらふわでとっても良い匂いがしてます。
ママがするのとは全然違ってお金を出してしてもらう価値はあるし、やっぱりプロですよね。
14.1203.2.jpg

14.1203.3.jpg


アップのお顔も可愛く撮れました〜

14.1203.4.jpg


12月なのでリボンはサンタさんが付いてます。
ベルが付いてるからルネが動くたびに音が鳴るのですよ。
グリーンだからクリスマスにはこれはレオに付けようかな〜

14.1203.5.jpg


レオは久しぶりにひとりでお留守番だったけど、良い子にしてましたよ。
以前は悪戯の心配があったけど、後ろ足が弱くなってジャンプすることが出来なくなったからもうテーブルの上に上がれなくなったもんね。
それはそれでママはちょっと寂しいけどね。
14.1203.6.jpg


毎回トリミングのときに頂くポストカードのカレンダーですが、今回もとっても可愛く作って頂きました。

14.1203.7.jpg



下レオルネにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
ニックネーム レオママ at 00:07| Comment(7) | TrackBack(0) | トリミング&病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

この冬一番の寒さ

昨日までは暖かかったのに今日は昨日との温度差が9度もあってとっても寒かったです。
まあ今までが暖か過ぎたからこれが普通なのかもしれませんが、急に寒くなると細身のママには骨身にしみます。
せっかく風邪が治ったのにまた風邪ひきそうです。

今月初めてなので今年最後のカレンダー、タイトルは見ての通り「ジングルベル」です。
14.1201.jpg

楽しみだったカレンダーもこれで最後になってしまいました。
今年はパルママさんちに行けなくて来年のカレンダーを撮ってもらうことが出来なかったからね。
来年レオルネのカレンダーがないのは寂しいなあ〜
自分で作れたらいいんだけど、ママはそれが出来ないからどこかで頼もうかしら?

今日のおやつはぜんざいさんから頂いたぜんざいを食べました。

14.1202.1.jpg


いのいのさんのブログでおもちはチンしてから食べた方が良いということを教えてもらったので柔らかくて美味しかったです。
14.1202.2.jpg


レオルネはママが食べてるのを可愛いお顔でじっと見てます。
レオは段々近づいて来て舌チョロして、あげたいんだけどこれはあげられないのよ。
だから先にレオちゃんルネちゃんにはおやつを先にあげたんだけどね。
14.1202.3.jpg

ルネはボサ子ちゃんになってますが、明日トリミングの予約をしてるのでもう少しの我慢です。
今度は可愛くなったルネをお見せしたいと思います。

今日は待ちに待ったコンサートのDVDが届きました。
もう一カ月以上前に予約していてとっても楽しみにしていたのです。
今はディナーショーをしてますが、高くてママは行けないので来年のコンサートまで我慢してこれでしばらく楽みます。
母のことでは大変ですが、楽しみもないと人生つまらないですからね。
母が入院して3ヶ月経ちましたが、その間予期せぬことが次々起こり人生って何が起こるが先のことは分かりませんね。
忘備録なので母の病気のことはまた今度詳しく書きたいと思います。


下レオルネにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村




ニックネーム レオママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする